1. HOME
  2. 表札のお役立ち情報

表札のお役立ち情報


表札に関する素朴な疑問やオーダーにあたっての疑問点を取り上げてみましたので、ご参考になさって下さい。

表札

~下記メニューをクリックすると、各記事へ飛びます~


どうしても表札を出したくない場合

表札を出さないのなら番地の表示を

個人情報のため、また景観や美的感覚のため、どうしても表札は付けたくない、 という方もいらっしゃると思います。もし表札を出さなくても、建物の番地だけでもわかるようにしておくと、 配達業者さんなどにもわかりやすいと思います。
市区町村交付の青い番地表示プレートをつけておけば問題ないと思います。

市区町村で交付される住居表示プレート(青いプレートに番地が表示されているもの)
は、役所に申し込むと無料で交付されます。

参考リンク→住居表示(長岡市役所)

当店のお客様には、この青いプレートは味気ないという事で、 当店の番地入りの表札や、 表札とあわせて アドレスプレートをセットでオーダーされる方もいらっしゃいますので、ぜひご参考にしてください。

表札を作る立場としましては、表札なんてかっこ悪いからなるべくなら付けたくないという方にも、こんな表札だったらむしろ付けてみたい、と思っていただけるようなものができればと思います。

↑ PAGE TOP


近隣の家と同じ住所だった場合は

隣合わせた土地に別の家を建てたときに、 以前からある家と番地が同じになってしまう事がまれにあります。 この場合は、役所に申し込みますと、番地の最後に枝番号をつけてもらえるようです。

>枝番号を付けることにより、どの建物か識別できるので、日常生活の不便が解消されます。

参考リンク→ 住居番号の重複でお困りの方へ(新庄市役所)

単純でない場合もあるようです

しかし、その土地の成り立ちやお住まいの市区町村によっては区別の仕方が違っていたり、 またその区画一帯に枝番号を付ける必要のある場合などもあり、その場合は全世帯の同意書などが 必要になったりするケースもあるようですので、事前にお住まいの役所によくご確認下さい。

それでも、周りの何件かと同じ住所でも、表札を出していれば特に不便なく 住まわれているという方々も実際には多いようです。


近隣の同じ苗字の家との区別をはっきりと表札に表示するためには

  • 番地を正確に表記する
      例)TANAKA 3-1-12-5
  • 苗字だけでなく、フルネームや名前の頭文字を表記にする
      例) TARO TANAKA または T.TANAKA
とするのが一番良いと思います。

表札をフルネームで出すのに抵抗のある方でも、やはり最低限でも、番地の表記はするべきだと思います。
表札に番地を記載するか、上記の住居表示プレート を目立つところに貼る、または両方やってもいいと思います。
さらに、もし同じ番地の家がある場合は、上記の様に枝番号をつける などの対応の必要性も出てきます。

誤配を防ぐために

また、どうしても誤配達が心配だという方は、事前に担当地域の郵便局や運送会社に表札の出し方についての相談したり、誤配を防ぐ為の届け出等がないか、問い合わせてみてもいいかも知れません。
そうする事によって、担当する配達人の方に特に注意してもらえる事もあるかも知れませんし、 さらに念のため、家に来た配達人の方とも話しをして、例えば家族全員の 名前を登録できないかどうかなど話してみるのもいいかも知れません。もしかしたら、 何かしらの対応をしてもらえる可能性もあります。


表札のローマ字表記で悩む

WATANABEやTANAKAなど、ローマ字にするのがわかりやすいお名前の場合はいいのですが、 中にはローマ字にするときに少し悩んでしまう苗字の方もいらっしゃると思います。

例えば、佐藤さんの場合、通常はSATOでよろしいかと思いますが、SATOUでないとどうも違和感を感じる方や、SATOHとしたほうが雰囲気が好き、という方もいらっしゃいます。表札は、パスポートなどと違い、あくまで自分で作って取り付けるものですので、誰にでも読める範囲であれば、お好きなローマ字表記でよろしいかと思います。
当サイトに一般的なヘボン式 ローマ字表がございますのでご参考にしてください。また、より詳しいローマ字表は、 下記のパスポートセンターや、便利なヘボン式ローマ字自動変換サービスをご覧になってみて下さい。

・ヘボン式ローマ字 Wikipedia

・ヘボン式ローマ字変換ツール LAZE SOFTWARE

同じ苗字やお名前の有名人などもご参考に

それでも、どうしてもローマ字表記で悩んでしまう場合は、 たとえば同じ苗字やお名前の著名人やアーチストなどがCDやウェブサイトでどのような ローマ字表記をしているか、見てみるのも参考になると思います。

↑ PAGE TOP